小顔と石鹸お得情報満載サイトで〜す!!

しわ対策と言うと肌の保湿を思い浮かべる人が多いかと思います。

お役立ち記事

しわ対策には肌の保湿がカギ

顔のしわが気になるならば、肌の保湿力を高めて対策にするといいでしょう。肌の保湿力を高めるために、様々な手段を講じているのに、乾燥肌の状態が良くならずに、がっかりしているという人もいます。体調や、肌の新陳代謝の他、肌に接している外部状況によって、保湿力は変わっていくようです。そんな時に活用できるのが、ミストタイプの化粧水です。しわの気になる部分に化粧水をサッとひと吹きかけるだけで、肌に水分補給することができます。



メイク直しの時、パウダーファンデーションを使用される方も多いと思います。メイクの施し方によっては、ファンデーションでケアをしたつもりが、しわがわかりやすくなることがあります。ファンデーション自体の吸水性が、皮膚の保湿力より高いと、ファンデーションに水分を奪われてしまいます。しわ対策をしっかりするためには、ファンデーションはクリームかリキッドにしましょう。

そこに少し保湿クリームを混ぜて使うことにより、ファンデーションがより滑らかになり、塗りやすくなります。気になるしわの部分は指で延ばしながら、丁寧に塗っていくとメイク崩れを防ぐことができます。これでしわ対策と保湿対策が一気にすることができます。

目尻のしわが出来てしまう原因とすぐにできる対策とは

ふと気が付くと目尻や涙袋にいつの間にか細かなしわが出来ていることがよくあります。顔のしわは、普段からスキンケアを入念にしているような人でも、徐々に目立ってきます。ファンデーションを塗った時などに目尻にしわがあると顔が暗い印象になり、年齢も高く見られてしまいます。



目の周りはしわができやすい薄い皮膚で覆われていますので、スキンケアをしていてもしわは増えてきます。元々ダメージを受けやすい部位であることに加えて、アイメイクをすることによって、更に乾燥を引き起こしてしまう可能性が高いのです。アイリムーバーで目の周りの皮膚を擦りすぎたり、洗顔後にタオルで顔を拭きすぎることなども、肌へのダメージの原因になっています。



また、目の周りの筋肉の衰えによって、目尻のたるみを生むことも、しわが増える原因と考えられます。アイメイクをしなけば目元の皮膚への負担はある程度減りますが、社会人であればそれも難しいため、対策を立てなければいけません。目尻は皮膚が薄いため、化粧水や乳液などをつけていても、吸収率が悪く、乾燥を引き起こしやすい部分です。

美容液で顔全体をパックしたり、ジェル状の美容クリームで目の周囲を厚めに覆ったりして、目元の皮膚の保湿力アップを目指しましょう。たるみの主な原因は目の周りの筋肉の衰えにあるので、日々エクササイズをすることがおすすめです。目尻のしわ対策には、乾燥を防ぐために美容液でしっかりと保湿を行なうこと、そして、たるみを防ぐために目の周りの筋力を保つことが大切です。

しわの種類によって異なる対策方法

鏡の中に映る自分の顔を見て、しわやシミが原因で老けたと感じることがあります。皮膚のたるみやしわが目立つ理由はいくつかあり、人によって異なります。顔にしわができたら、どういう理由でできたしわなのかや、しわのできた場所を大まかに確認していきます。

若い人でも小じわはよくできますが、これは、目元や口元に多くできます。皮膚が乾燥して弾力がなくなると小じわができやすいため、皮膚への水分補給を十分にすることです。顔のいろいろな場所に細かいしわがびっしりとできている状態が、ちりめんじわとなります。急激なダイエットや病気などによる短期間での体重減少や脱水症状のほかにも栄養失調などが原因となります。

健康状態の改善を目指して、お肌の保湿だけでなく、毎日の食習慣や生活習慣の見直しをすることで、症状は改善します。同じ表情を繰り返すと、皮膚にしわの跡ができて、それが固定化していることがあります。ずっと同じ表情をしていると、そのせいでしわがクセになって、しわが刻まれている状態が普通になります。

表情じわに対する対策を行うには、皮膚を揉みほぐして血流を改善したり、表情筋の筋トレをして筋肉の柔軟性をアップします。しわが多いとそれだけで実際の年齢以上に年をとって見えるようになりますので、日頃からしわの目立たないお肌を目指していきましょう。